豚キムチの水餃子

豚キムチの水餃子

    ●作り方

  1. 豚細切れ肉とキムチを粗みじん切りにして混ぜ合わせます。
  2. 餃子の皮の中央に1のタネをのせ、縁に水をつけ半分に重ねておさえ、
    半円形にします。
    両端の三角部分を巻いて重ね、重なる部分に水をつけくっつけると
    丸い帽子型になります。
    難しい場合は普通の包み方でOKです。
  3. スープの具の野菜は食べやすい大きさに切ります。
    人参は火が通りやすいように薄切りにします。
  4. 鍋にスープの材料を入れ沸騰させます。
  5. 絹さや以外の3の野菜と2の餃子を入れます。
  6. 火が通る直前に絹さやを入れ、火を止めます。
  7. 召し上がる際にお好みで酢を入れると、さっぱりといただけます。
  • ダイエット
  • 便秘解消
  • 冷え予防
  • スタミナ強化
●材料(2人分)
餃子
豚細切れ肉80g
キムチ80g
餃子の皮10枚
スープの具
筍水煮40g
人参20g
椎茸1枚
絹さや6個
スープ
400ml
大さじ2
醤油大さじ1
中華スープの素大さじ1.5
塩・こしょう少々
お好みで
お好み

1人分のエネルギー 195kcal

キムチキムチの話

キムチは、白菜や大根の塩漬けに、唐辛子やにんにく、魚介加工品等を混ぜて漬け込んだ発酵食品です。
唐辛子に含まれているカプサイシンは、抵抗力を高めて風邪などを予防するとともに、代謝を高めて血行を良くするので冷え症の方にもおすすめです。
キムチに含まれるラクトバジルスという乳酸菌は腸をきれいにする作用があります。
またタウリンアスパラギン酸も豊富なので、スタミナ増強に役立ちます。